中小・ベンチャーの実績200社以上、出願手数料7万円で意匠登録出願ができるみなとみらい特許事務所

意匠登録出願前の
無料相談はこちら
無料相談はこちら

電話をする

出願手数料60,000円で意匠登録出願手数料60,000円で意匠登録

まずはお気軽に意匠登録に関する
ご相談・見積依頼

みなとみらい特許事務所の意匠登録サービスは、200社以上のお客様から選ばれていますみなとみらい特許事務所の意匠登録サービスは、200社以上のお客様から選ばれています

みなとみらい特許事務所の意匠登録の特徴

特徴その1業界屈指の価格で出願!

みなとみらい特許事務所では、出願費用を業界屈指の低価格に抑えることに成功!

私たちは、これまで中小企業・ベンチャー企業200社以上、250件以上の意匠登録を行ってきました。

お客様の業種、扱う製品は多種多様。あらゆる分野における審査の実績を蓄積してきました。

その経験に基づき、登録の可能性を考慮した提案をスムーズにできることが可能になり、出願費用を70,000円に抑えることに成功しました!

特徴その2弁理士、技術スタッフのプロフェッショナルチームで対応!

お客様の大切なデザインを、弁理士と技術スタッフのプロフェッショナルチームで分析。

私たちは、弁理士と、技術分析のプロである機械工学の専門家、プロダクトデザインを専門に学んできたデザイン工学の専門家のチームで、お客様の大切な意匠をどのように守るべきか考え抜きます!

<技術スタッフからのメッセージ>

H.I:機械工学の専門家で、小さな構造物から大きな機械まで構造と機能の関係を分析することができます! 一見、デザインという語が馴染まない機械部品でも意匠登録によって強い保護が可能な場合がありますので、お気軽にご相談ください!

T.S.:工芸品(あみもの、革細工、ガラス細工)が好きで、自身でも製作経験があります。 特に、照明装置は大好きですので、周辺技術やデザインには自信があります!

S.S.:プロダクトデザインと人間工学を中心に学んできました。芸術文化、木材・金属材・塗装などについても知識を有しています!意匠のポイントをとらえ、適切な保護をご提案します。

T.K.:ソフトウェア関連の企業様の業務を扱っております。ソフトウェアもデザインの時代、アプリケーションソフトウェア等の画面意匠の取得はお任せください!

H.S:日用品・機械・構造関連のメーカー様の業務を扱っております。見た目だけでなく機能性に優れた工業デザインの意匠はもちろんのこと、いわゆるデザインではないが特徴的な構造なども意匠による保護を考えてみませんか。

こんなお悩みありませんか?

自社商品を模倣から守りたい
中小企業・
ベンチャー企業の皆様へ

みなとみらい特許事務所は、
多種多様なデザイン分野での
意匠登録の経験に基づいて、
お客様に合わせた
最適な意匠登録を
ご提案いたします。

まずはお気軽に意匠登録に関する
ご相談・見積依頼

安心の料金設定

意匠権を取得するには、意匠を記載した図面などの書類を特許庁へ提出することにより意匠登録出願を行い、特許庁の審査をパスしなければなりません。

審査において、特許庁から拒絶理由通知が発行された場合には、出願人は、図面を補正したり、意見を述べたりすることができ、その内容を審査で考慮してもらうことができます。

審査の結果、意匠登録出願に拒絶理由がないと認められた場合には、登録査定が発行されますので、その後、所定の登録料を納付することにより、意匠権を得ることができます。

実績の紹介

実績その1中小・ベンチャー200社以上、250件以上の権利取得実績、
様々な分野のデザインについて、
意匠登録のノウハウあり

弊所では、意匠登録出願に関連して、中小企業様・個人事業主様を中心として、200社以上のお客様との取引実績と250件以上の意匠登録の実績があります。
また、ご依頼いただくデザイン分野も、事務用品、アクセサリー、フィットネス、美容、化粧品、アパレル、玩具、趣味用品、日用品、ペット用品、家具から、電化製品、工業製品の部品、そしてスマートフォンアプリの画面に至るまで、多岐にわたっています。
また、ここ最近、インターネットを利用して商品販売されるお客様より、多数のご相談を頂いております。
多岐にわたるデザイン分野での実績、権利化のノウハウがございますので、是非ご相談ください。

実績その2意匠権を活用し、
競合他社の類似品を
市場から排除することに成功

アクセサリーの企画・販売を行うお客様から、指輪、ネックレス、ピアス等のアクセサリーについての意匠登録出願を定期的にご依頼いただき、意匠権を取得しております。
アクセサリー業界では、展示会での発表直後にデザイン模倣が行われやすく、せっかく企画した新しいデザインの価値が発表後まもなく低下してしまうという課題がありました。

意匠権を取得するようになった後は、類似するデザインのアクセサリー(類似品)を販売している会社を発見した時点で、意匠権を活用して速やかに警告を行うことで、類似品を市場から排除することに成功しています。

実績その3お客様の権利を
最大化する方法での出願をご提案

広告媒体メーカーのお客様に、屋外広告用の大型ステッカーについての意匠登録出願をご依頼頂き、意匠権を取得しました。

この出願では、ステッカーの特徴的な部分を抜き出して権利化する部分意匠制度を利用した出願をご提案させていただき、意匠権を取得しました。
その後、特徴的な部分が類似したデザインのステッカーを製造・販売している企業に対して、取得した意匠権を活用して警告を行うことで、ステッカーの使用をやめさせ、損害賠償請求を含めて和解に成功しました。

仮に、“部分意匠制度”を利用せずに全体意匠として登録していた場合、両者が類似すると主張できなかったかもしれません。
このように、デザインを分析することにより、お客様の権利を最大化する方法での出願をご提案させて頂いております。

よくある質問

料金の総額は、いくらでしょうか。
通常のケースで、拒絶理由通知がなくスムーズに登録になった場合は、弊所手数料と印紙代を含め、総額122,500円(税別)です。

拒絶理由通知が発行された場合で、反論を行う場合には、30,000〜50,000円(税別)がかかります。

物品が複雑である場合や物品に変化がある場合などで、図面が通常より必要になる場合や、出願時にすでに公開して待っている特殊ケースは、別途ご相談ください。
支払いは、どのタイミングで行えばいいですか。
総額のうち、出願書類の作成前にお支払い頂く費用が、弊所手数料と印紙代を含め、86,000円(税別)となります。
出願から登録までは、どれくらい期間がかかりますか。
案件によって期間が異なりますが、通常、出願から6~8か月程度で最初の審査結果が通知されます。
特許庁へ支払う登録印紙代は、いくらですか。
1~3年は、8500円/年、4~20年は、16900円/年で、最大20年まで納付することができます。登録印紙代は、1年単位で納付することが可能です。登録の際に複数年分まとめて納付することも、あとから段階的に更新することも可能です。
すでに商品を販売しているのですが、意匠登録できますか。
公開*1してから1年以内*2であれば、登録できる場合がございます。公開状況を含めて、まずはご相談ください。
*1:出願対象のデザインが、販売,展示,HPへの掲載等により、第三者に知られた状態です。*2:平成29年12月9日以降の公開に限ります。
貴社に意匠登録の依頼を検討しています。まず、何を用意すればよいでしょうか。
出願を検討されている物品のデザインが把握できるような写真、図面をご準備ください。
スマートフォンアプリの画面が登録できると聞きました。対応可能ですか。
はい、対応可能です。お気軽にご相談ください。
複数のデザインバリエーションを考えたのですが、まとめて申請できますか。
1つの出願では、1つのデザインしか出願することができません。似たデザイン同士を関連付けて出願する関連意匠制度を利用することで、似たデザイン同士を登録し、デザインをより強固に保護できます。また、それぞれのデザインの特徴部分が共通する場合、部分意匠制度を利用することで、特徴部分を抜き出して登録できます。複数のデザインについて保護をご検討中の場合、ご相談ください。
個人事業主ですが、対応してもらえますか。
はい。個人の方からも沢山のご依頼を頂いております。
遠方なのですが、対応はしてもらえますか。
はい、全国対応しておりますので問題ございません。メールや電話にて十分な打ち合わせが可能です。
意匠の国際出願制度があると聞いたのですが、対応してもらえますか。
意匠の国際出願制度を利用した、海外各国での意匠登録についても承っております。
国際出願の意匠出願のご相談、見積もり等のご用命は下記へご連絡下さい。
Email : info@mm-patent.com

無料相談・見積依頼はこちら

多くのご相談を頂いております。
お早めにご相談ください。

※旧漢字、機種依存文字、半角カナは
ご使用になれません。

お名前必須
御社名・屋号
電話番号必須
メールアドレス必須
ご相談内容必須

必須 経営者や知財担当者は必ず知っておきたい、役に立つ知財ニュースを受け取る(毎月1回・無料)
はい いいえ

以下、申込み規約に同意の上、お問い合わせください。

第一条 サービスの内容

当サービスは、以下の各号に掲げる業務を含みます。
1.意匠登録出願に関する手続
2.手続補正指令・拒絶理由通知に対する応答手続 (中間対応)
3.登録料納付

第二条 対価

ユーザーは、第一条各号に掲げる各業務に対する対価として、以下の費用(消費税別)を弊所に支払うものとします。
1に対し 1出願につき、70,000円。
2に対し 1回の応答手続きにつき、30,000円~50,000円(ただし、形式的な補正等の場合は除く)。
3に対し 1出願につき、28,000円。

第三条 契約の成立と利用期間の起算日

当サービスの売買に関する契約(以下、『本契約』という。)は、ユーザーが弊所の指定する手続きに基づいて申し込み、弊所がその申し込みを承認した時点で成立するものとします。

第四条 契約の終了

本契約は、以下の各号の事由によって終了します。
1.調査報告書の送付後、意匠登録出願のお申し込みがなかった場合
2.意匠登録出願のお申し込みがあったにも関わらず、指定期間内に出願時費用のお支払いがなかった場合
3.意匠登録が完了し、その意匠権の2回目以降の登録料納付期限が経過したとき
4.意匠登録出願の拒絶査定が発行された場合

第五条 解約

一項 本契約を解約する場合には、弊所まで、解約の申し出を電子メールにて行ってください。弊所より、解約受付完了の連絡を電子メールまたは電話でお伝えし、それをもって解約完了となります。

二項
弊所弁理士は、受任事件についての権利の全てもしくは一部が第三者に譲渡された結果、その第三者とみなとみらい特許事務所の他の依頼人との間で競合が生じることとなった場合、みなとみらい特許事務所はその旨を申し出て、当該事件の代理を辞任することができるものとします。

三項
本契約に基づく業務の遂行が、解任、辞任、その他の事由により中途で終了した時は、お客さまと協議の上、業務の遂行の程度に応じて、受領済みの手数料を返還する、又は手数料を請求させていただきます。

第六条 利用料金と支払方法

一項
当サービスの利用料金は公式サイトに定める金額とし、ユーザーは、銀行振込にて支払うものとします。

二項
支払い期限は、調査報告書の送付の際に通知する期限、又は請求書に記載の期限となります。銀行振り込みによって生じる振込手数料はユーザーの負担となります。

第七条 料金未払い時の対応

ユーザーは、当サービスを利用しているにもかかわらず、料金の支払いが実施されない場合、弊所は本契約を解除し、代理人を辞任することができるものとします。

第八条 当サービス外の手続

ユーザーは、第一条に定めるサービスに関連する手続であって、第一条に定めのないものについても、別途契約によりみなとみらい特許事務所の弁理士に委任することができるものとします。

第九条 個人情報の照会・訂正・削除

弊所にご提供いただいた個人情報の内容に関して、照会・訂正・削除等を希望される場合は、個人情報を書き込まれた弊所のサービス提供ウェブサイトにお問い合わせください。
ご請求いただいた方がご本人であることが確認できましたら
弊所は、合理的な期間内に、ご利用者様の個人情報を開示、訂正または削除いたします。

第十条 ユーザー情報の取扱

ユーザーが申し込み等の際に弊所に届出た情報、および当サービス利用に関するユーザーの情報は、弊所データベースに登録され、弊所からのサービスやその他情報のご案内の為に利用することができるものとします。希望しない場合はその旨記載の上、下記へご連絡お願い致します。
【みなとみらい特許事務所】
電話:0800-800-2480(通話料無料)
Email : info@mm-patent.com

また、弊所は登録されている情報について、第三者に個人識別が可能な状態で提供しないものとします。ただし、次の各号記載の場合、ユーザー情報を開示することができるものとします。
ユーザーの同意が得られた場合。
法令等により公的機関より開示が求められた場合。
弊所の権利を守るために必要な場合。
その他正当な事由がある場合。

第十一条 ユーザー資格の停止・除名

弊所は、次の各号に該当する場合、ユーザーに何ら事前の通知または催告をすることなく、ユーザー資格を一時停止、または除名し、当サービスを利用できないような措置をとることができるものとします。
当サービスを不正に使用しまたは第三者に使用させた場合。
入会申込等の際に届出た情報が、虚偽の情報であると弊所が判断した場合。
その他、ユーザーが本規約のいずれかの条項に違反した場合。
その他、ユーザーとして不適格と弊所が判断した場合。

第十二条 サービスの中断・停止

弊所は、次の各号に該当する場合、ユーザーに何ら事前の通知または催告をすることなく、ユーザー資格を一時停止、または除名し、当サービスを利用できないような措置をとることができるものとします。
当サービスを不正に使用しまたは第三者に使用させた場合。
入会申込等の際に届出た情報が、虚偽の情報であると弊所が判断した場合。
その他、ユーザーが本規約のいずれかの条項に違反した場合。
その他、ユーザーとして不適格と弊所が判断した場合。

第十三条 管轄裁判所

本規約に関し、ユーザーと弊所の間で訴訟が生じた場合、弊所の所在地を管轄する裁判所(横浜地方裁判所)を専属的合意管轄裁判所とします。